できるだけ安く中古車を買いたい?安く買う方法3選

フルモデルチェンジ後は狙い目

一般的に車は、発売してから4~7年でフルモデルチェンジをします。性能の向上や新しいデザインを取り入れた車を販売するため、古いモデルの車は価格が下落する傾向にあります。中古車を安く買いたいときには、フルモデルチェンジ後が狙い目です。フルモデルチェンジに合わせて新型に乗り換えるユーザーが多く、旧型モデルの車は中古車市場に流通しやすくなります。数が多ければ相場が下がるため、安く中古車を手に入れるチャンスです。

不人気車は安くて高品質の可能性大

需要が無くて売れることが少ない不人気車。デザインや性能が悪いイメージがありますが、実際には高性能で状態の良い車が多いのです。人気がないのには理由がありますが、デザインや車種にこだわりがなければコストパフォーマンスが高いと言えます。業者は売れ残りを防ぐため、不人気車の価格を下げることが多いです。在庫コスト削減のためにも早く売りたいと考え、値下げを繰り返して相場よりも安く販売されていることも珍しくありません。

個人売買なら中古車専門店よりも安く買えるかも

個人で車を売買することもできます。中古車専門店や業者オークションなどでは、販売価格に中間マージンが上乗せされるのが一般的です。個人間での取引であれば、中間マージンを発生させることなく中古車を買うことができます。中古車市場の相場よりもはるかに安く買うこともできるため、とにかく安く車を買いたい人に向いています。ただし、個人売買では手続きを個人でしなければならないため、手間がかかることを考慮しておきましょう。

ボルボを仙台で扱う店舗では、廃盤から定番まで売れ筋の車種を店頭に展示したり、コレクター向けにヴィンテージの車種のみをメインに揃えたりしているところが多くあります。