茨城県民がスキー場に行きたい場合のおすすめスキー場はどこ?

栃木・群馬とは違ってスキー場がない

茨城県とは、栃木県・群馬県と共に北関東に分類されます。しかし、大半が平地か丘陵地帯で構成されていて標高500mを超える場所がほとんどありません。さらに日本海型気候とも無縁なため、東京や埼玉・千葉同様に雪が降る事はほとんどなく、県内にスキー場が存在しないような状態です。そのため、茨城県に新たに引っ越してきたよう人がスキーをしたいと思った場合、他の県のスキー場まで遊びに行く必要があります。

新幹線が通っていないためバスツアーがおすすめ

茨城県には新幹線が通っていないため、東京や埼玉からは短時間でアクセスできる軽井沢や越後湯沢に向かうには時間がかかります。しかし、栃木県西部の高い山の斜面・または群馬県東部・新潟県南東部などにはたくさんのスキー場があるため、車を利用すると短時間でアクセスできます。ただし、自家用車でスキー場に行くとなると交通費がだいぶ高いほか、帰りに疲れている体に鞭を打って長距離運転をするのは大変です。そのため、交通費が安く済み、帰りに疲れている中で運転する必要ないバスのスキーツアーはおすすめの存在です。

日光湯元温泉スキー場がおすすめ

茨城県の人がバスのスキーツアーに参加する際に最もおすすめと言えるのは栃木県日光市の「日光湯元温泉スキー場」です。水戸市起点で考えると、スキー場付近のICまで高速道路に乗ると1時間半で着きます。ICからスキー場までは40分ほどのため、日帰りツアーでも現地に長時間滞在できます。さらにスキー場のすぐ隣に温泉街があるため、スキーを早く切り上げて温泉に浸かってから帰るのもおすすめです。

スキーツアーは、スキーをする上で必要なスキー場までの移動手段の手配やリフト券の手配などを旅行会社が企画をして、一般顧客に販売する商品のことです。